2017-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

敵役がいるという幸せ

フロスト気質 上 (創元推理文庫 M ウ)フロスト気質 上 (創元推理文庫 M ウ)
(2008/07)
R.D. ウィングフィールド

商品詳細を見る

東京創元社 フロスト気質(かたぎ) R・D・ウィングフィールド/芹澤恵訳 書籍解説

警察小説として絶大な人気を誇るシリーズ最新刊です。詳しい解説は上記リンクで言い尽くされているので、まずはそちらを読んでください。

さてそのうえで。

自己責任という言葉がありますが、警察機構において捜査指揮権を有するフロスト警部は、その責任において、次々と発生する事件を解決して行かなくてはなりません。人質となった子供の命の確保、変死体発見後の捜査、狂言じみた誘拐の真相解明、子供を狙う変質者の取り調べなど。それらすべてが、小説冒頭で、休暇中の身でありながら、マレット署長の上等なタバコをくすねるために立ち寄った夜のデントン警察署という地点から、パンドラの箱を開けはなったかのように、フロスト警部に襲いかかります。

フロスト警部の上司であるマレット署長以下、捜査指揮件を有する幹部クラスは、悉く、出世欲と見栄に支配された俗物として描かれます。厄介な局面をかぎつけるとフロストに押しつけ、利益と見ると手柄を我がものにし、失点はすべてフロスト警部に押しつけるのです。つまり、フロストは警察組織の中で、上層部から孤立し、一人の責任で事件を解決していかなければならない立場にあります。

人員不足のなか、次々と降りかかるトラブルに対して、フロスト警部は猛烈に立ち向かいます。しかしそれは、冷静なヒーローの体力と知力に恵まれていない、ある意味これもまた俗物なフロスト警部にとっては、傍目にも、荷が重すぎる出来事の連続です。

ほとんど不眠不休で捜査を進めるフロスト警部は、上司たちの保身と出世欲を一身に背負いつつ、愚痴をこぼし、思いつきで捜索隊を立ち上げ、その捜査の当てが外れてしょげまくり、また奮起して次の手を打っていきます。そしてうまく行きそうになると、鳶にあぶらげをさらわれる形で、手柄は他人に持って行かれます。

彼の支えは、デントン警察署の刑事クラスや巡査クラスの人たちです。手当たり次第に捜査をかけまくるフロスト警部に、ほとんど愚痴をこぼさず付いていきます。彼らはフロスト警部が好きなのです。それ以上にマレット署長をバカにして煙たがってはいますが。

今回の紅一点、魅力的な素質を持ちつつ仕事の意欲と出世願望がそれを隠してしまっている「ワンダーウーマン」リズ・モードは、当初フロストを毛嫌いします。それはマレット警視がもつ欲望と同一線上にあるのですが、下品な性的ジョークを発し続けるフロストへの嫌悪、あまりにも適当に事務処理を片付けるフロストへの軽蔑、その薄汚いとも思える風体への反発にも根ざしています。しかし、事件が進んで行くにつれ、フロストとリズの距離は心なしか縮まっていきます。フロストの指揮下で、率直に、事件を解決していこうという方向に、彼女の内面は変わっていくのです。

デントン警察署の刑事たちとリズは、フロストの熱意と魅力に、少しずつ好意を寄せていきます。フロスト警部とほかの上級職員やマレット署長の対比と重なりつつ、読む者も彼らやリズのように、フロスト警部に惹かれていくのです。

なぜ惹かれるのか、それは敢えて伏せておきます。上下2巻の長い長い小説です。そのほとんどが、ろくにベッドにも入れず駆け回る羽目になる事件展開、フロストと上司の対決、行き詰まる捜査とその挫折、フロストと確執のある警部代理との諍いとで費やされますから、読むほうも不眠不休の気分を味わいます。

そして。終盤に向けて事態は一気に動きます。フロストは、最後の最後まで、自分の主義を貫きます。そして、「クソが付くほど厄介でいまいましい事件」の数々に、フロストは一気にケリをつけます。

あと2作。作者は亡くなり、フロストの活躍は2作が未訳で残っています。今度はどんなやりかたで、さまざまな「クソ」にケリを付けてくれるのか。待ち遠しい限りです。

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://straymind.blog66.fc2.com/tb.php/110-a136da1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

straymind

Author:straymind

エントリ

カテゴリ

コメント

全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。