2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

法律じゃ問題ないもんという疑問

 いわゆる善意の転載推奨問題について、考えたこと。

 いまのところ、発信者(「着ぐるみ男」さん(仮称)」は、その行為の張本人であると認めていますね。しかし、ルールにのっとって行っているし、倫理的にも問題ないとしています。これは「自分の行った善意の転載推奨行為」は、ネット社会において何の問題もないという主張です。(<これ以外に主張の解釈があったら教えてもらいたいもんだ)

 しかし、「善意の転載推奨」はいわゆるチェーンメールの類であるから、問題である、と言う批判が出ています。

 私は、善意の転載推奨行為は限りなくチェーンメールに近似する行為であるゆえ、ネットにおいて「やっていはいけないここと」とされている行為に該当すると考えるもので、これは考え方としてきわめて妥当ではないかと思います。

 さてさて、ここで問題になるのが、「法的に問題ない」と言う話。


しかし、彼が「これはチェーン日記という行為に等しいもので、ネチズンの多くにチェーン日記を迷惑行為=悪徳と認識されているもの」と理解した時、「法的には問題ない。だから俺は悪くない」というのは、なんだかスッとしない話です。

善意の転載と法的問題



 すっとしないのも当然で、元来「法(法律)」とは無関係な話なんですよね。

 「法的には問題ない。だから俺は悪くない」ではなく、「法とは関係ない」がただしい。だから、「俺は悪くない」という結論は導き出されない。そういうことです。

 要は、法律は人間活動のすべてを縛っているわけじゃないのよ。

 ということでしょう。

 なぜなら、着ぐるみ男さんが行った行為は、あるシステムにのっとって行われた行為で、そのシステムが合法である限り、基本的に違法性はありえません。違法性があるとすれば、それが「詐欺」であるとか「誹謗中傷」であるとか「プライバシー侵害」であるとか「人権無視」であるとかなら、その時点で違法性を問われるでしょうが、そうではないからです。

 しかし、批判はあるわけで、それは「チェーンメール類似行為」がネットの中でいくつかの危険性を持つ(たとえばトラフィック増大によるシステムダウン、誤情報の流布によるパニック、など)わけですし、そうでなくとも、同じ情報がネットの中で複製を続けることはネットの不利益になる、という点で、ネットの住人の間では基本的な合意がすでに出来上がっているという歴史的事実があるからです。

 この、ネットの常識に照らして反則行為であるという点が、ただひとつ、着ぐるみ男さんに科される批判のゆえんです。

 さて、ではシステムに問題はないのか? という疑問も出てきますが、前述のように「法的に問題はない」が結論。しかし、そのシステムの利用方法によっては、法的問題を引き起こす可能性はある。しかししかし、それをいい始めればブログというシステムそのものもそういう危険性がある。これを問題視したらシステムを停止せざるを得ないです。

 ですから、システムにも問題があるわけではなく、ひとえに、その「使い方」が問題となってくる。

 そして、その使い方が、システムが存在する環境そのものに悪影響を及ぼすとしたら(<つまり意図が良い悪いにかかわらず、チェーン日記の多発ね)、それを規制する「ルール」がシステム管理者によって作られるかもしれません。

 そのルールにのっとって行動すれば問題ないでしょうが、それから外れれば何らかのペナルティを科されます。でも、だからといって「そんなルールは納得できない。法律では悪いことしてるわけではない」と叫んでも、まず、無理でしょう。そのシステムを使用停止にされるか、追放もありえる。そしてその判断はもちろん法律違反ではない。

 要は、チェーン日記に類似する行為が行われた。そしてそれは「ルール」にのっとって行われているから問題ないし、善意で行われているから(<だれがそれを証明できるんだ?)倫理的にも問題はない、というのは、システム側がルールを作れば、吹き飛ぶというだけの問題。法律云々は関係ないんです。

 真の問題はそういう誤った行動を誘発しやすいシステムを維持し続け問題解決をしないシステム管理者側にある、ということではないでしょうかね。

 もちろん、着ぐるみ男さんはがんばっています。自分の行為は正しいと主張し続けています。

 それにより、ルール策定の圧力が高まり、システム側も対応せざるを得なくなってくる、というのが、現実でしょう。

 もちろん、放置した場合、ネット社会に対する責任を問われるのは、着ぐるみ男さんではなく、システム管理者である可能性があります。しかし管理者側もそううかつではない。着ぐるみ男さんに何らかの圧力をかける、というのが手始めでしょう。

 さて、どうなることやら。

● COMMENT FORM ●

Re: 法律じゃ問題ないもんという疑問

トラックバックがYahooブログからは出来ないようですので
私の考えるところを記事にしていますので
アドレスを貼らせていただきますね。
http://blogs.yahoo.co.jp/uragoe_2ch/42675543.html
http://blogs.yahoo.co.jp/uragoe_2ch/40068236.html

Re: 法律じゃ問題ないもんという疑問

 すみませんです。言及されないとTB受け付けない仕様です。

Re: 法律じゃ問題ないもんという疑問

 つづき。いちおうリンク先を読んでみたが、読後の感想としては、「で、この所業かい?」以上の感想は出ませんでしたねぇ。しかしまぁ。こういうリンクをあちこち張りまくっているんですか。たいした人だ。

Re: 法律じゃ問題ないもんという疑問

いいえ、別にこういうリンクをあちこちに
貼りまくってはいませんよ。
必要であると思ったり、求められた場合は
お伝えはしますけどね。
「理解」はされなくても「認識」をしていただければ
すくなくとも「この所業」を悪い事と思わずに
行なった理由というのは見えてくるとも
思いますが、FDさんの所もリンクされている
ようなのでそこでのやりとりからでも
私の意図は認識可能かと思います。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://straymind.blog66.fc2.com/tb.php/46-390f88d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

straymind

Author:straymind

エントリ

カテゴリ

コメント

全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。