2017-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

考察の実証の考察

 今まで転載機能をウェットな(心情的・ユーザー心理的な)面から見てきたんですが、当然ながらそのシステムの内側の住人と外側の住人では立場も見方も変わりうるわけです。そこを考えると、私のような「外側の存在」から転載機能に関して言えることは、そのシステム管理者とそのユーザーに対して

 それはネットの中ではマナー違反となるからやめたほうがいい

 くらいの意見提示しかできないですねぇ。それにはたと気がついてから、「善意の転載問題」当事者の人を個人的に批判するのはあんまり意味がないんじゃないかと思えて、私は批判をやめました。あまり突っ込むと人格攻撃以上のものは行えないと。

 ただし、その行為の本質を考えて問題点を抽出し、それに対して批判的な思考を働かせるという態度は、今後も絶対必要ではないかと思えます。そうでなければ結局のところ私たちが利用しているネットの中で企業論理やルールの恣意的解釈ばかりが幅を利かせ、それによりネットの中で育ってきた大切な常識やルールが死んでいく。となると、「ほしいまま・勝手」な行為を「自由」と履き違える結果になり、結果として私たちが享受している「ネットでの自由」そのものが崩壊するのでしょう。

 「善意の転載問題」当事者への批判は、その意味で重要だと思います。

 これは、何も私たちが「社会的正義」を振りかざして「不道徳」を排撃しているわけではないのでしょう。

 私たちが今後もネットの中で自由でいられるために必要な行動

 です。

 その意味において、今回の件でその点を考え問題を取り上げた方には敬意を表しますし、転載問題の当事者となる方にも、早くそれに気づいていただきたい、と思いますね。

 …にしても。

 「転載機能」は何とかならんもんかなぁ。ニーズとウォンツの履き違えというケースの典型と思える。

 ま、各人が気をつける以外ないのは確かだが、それはあくまで「ネットの自由」を守るためだ、ということを、一人でも多くの方に知ってもらえたらなぁ。

 追記。

 転載機能の機能不全はとどまるところを知らないかのようですねぇ。資料としてメモしておきます。

 転載記事の画像すり替え手法について

 これもただ単に転載をぽつぽつやっているだけならそんなにたいした被害も起こらないんじゃないかと思う。「大量に転載させて行く」ことでテロ効果は上がる。

 ということは、「転載推奨行為」はテロ行為のための手段であり、テロ発生の根源は「転載機能」そのものである。

 機能は価値中立であるという考えがまたまた危うくなってきたような気が。

● COMMENT FORM ●

Re: 考察の実証の考察

「機能そのもの」の問題じゃないと思いますよ。
「包丁やピストル」も殺人犯が悪意を持って使うのは
ダメですけど、料理人や刑事がそれを良い事に使うのを
悪く言う人はいないのですよ。
包丁やピストル自体は意思を持ってない。

Re: 考察の実証の考察

 包丁とピストルのたとえでいけば、転載機能がそのどちらにより近いのかと言うところに関心があります。一般人が包丁を持つのは特に規制されないですが、犯罪にしか使いようのないピストルを持つなら即、アウト。

 もしくは、健康食品で例えて、「あなたの美容と健康にお役立てください」と謳ってあっても、それを服用した人たちのなかに健康被害が相次げば、製品回収。ってことでしょうか。

Re: 考察の実証の考察

あくまでも「推論」ですが、先日
『もう一度、転載について(8)』と題して、
http://blogs.yahoo.co.jp/uragoe_2ch/42938410.html
Yahooブログ側が転載機能を「どのように使って欲しいと思っているか?」
について、事実だけを元に推論を組み立ててみました。
よろしければご参照下さい。

Re: 考察の実証の考察

 まじめな感想なんですが、上記リンクで主張しているらしい「二次利用・三次利用・・・」を使用しないようにして「一次利用」のみを認めるとする考えって費用対効果の面でどうなんだろうと思ってしまう。なんつうか、設計主義的な考えがよろしくないような。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://straymind.blog66.fc2.com/tb.php/51-37389ee6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

straymind

Author:straymind

エントリ

カテゴリ

コメント

全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。