2017-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原理主義者で行くなら足を切る盗賊を非難する。

 いわゆる「善意の転載」をめぐる議論で、チェーンメール撲滅を主張する立場の人がいます。私も(行きがかり上かかわり始めたとはいえ)その一人。そういう立場の人に「チェーン記事撲滅原理主義者」というレッテルが貼られたようで。

 初出は The realist is still dreaming.
 採用は Yahoo!ブログの転載問題:チェーン記事撲滅原理主義者の主張

 やはりこういうくくりをするのが好きな人っているんですねぇ。こうやってカテゴライズすれば確かに便利なんだろうけど、その一方で弊害は必ずあるわけで。

 それは何かというと、「原理主義者」には「何を言っても無駄だから」、「相手にしなくていい」という考え。議論の行き詰まりを迎えた局面では大概出てくる考え方です。

 さて、年頭の挨拶はさておき、転載機能そのものについてそのメリットはないだろうかという考察があります。

転載機能に'使いどころ'はあるか?-1

 議論のなかで「チェーンメール」関連の考察は次回以降ということで、今回はその土台となる機能そのもののメリットを探る趣旨。

 本文中にも触れられていますが、大概は「代替可能」か「ある条件内で有効(かも)」というレベルのようです。なかなか考えられていて興味深いです。

 感想として、実際にそのブログシステムを使っていない立場の者からしてみればこういう議論は procrustean ( 無理に規準に合わせようとする・無理に型にはめようとする 形容詞 英語)であるなぁと感じます。

 procrusteanの語源はギリシャ神話に出てくるProcrustesという盗賊が旅人を捕まえベッドに寝かし、ベッドより大きければ足を切りベッドより小さければ引き伸ばして殺すというお話。

 そこにあるのは、「(その機能はだいぶよろしくない機能であるがそれでも)機能があるからそれをいかに使うか」というものなんじゃないかなぁ。使用者を機能に合わせるというか、数少ない「こういう使い方をするといいですよ」という使用ガイドラインに沿った使い方を使用者に無理やり提案するというか。

 こうするとユーザーはそれにそった使い方「のみ」をするかという疑問が出てくる。

 そんなわけはない、と「原理主義者」は考えるのですよ。

 強制力のないガイドラインなど気にせずに使うケースは十分考えられます。というか、その使用方法に関する感覚をはぐくむ前に自分の思うように使ってしまうのが当たり前でしょう。

 それで「ガイドライン」遵守を呼びかけようとする。

 やや。これはさるお人が散々やってきたことではないですか。

 ガイドラインA が ガイドラインB に置き換わっても、それが procrustean である限り、型にはまらない問題が発生することはいくらでも想定できるでしょう。

 ですから、一原理主義者としてはこう思います。

 「その機能をなくせ。代替機能はもう十分ある」と。

 真の原因は「機能そのもの」だと。

 もしそう考えなければ、機能を残し、その機能を使用するレクチャーを何回も実施し、使っていい場合と使ってはいけない場合を判別できて問題のある使い方をしないような「倫理」をユーザーのなかに育む作業が必要となってくるのではないでしょうか。

 もし使用ガイドライン遵守を徹底したいなら、それこそ(猟銃所持許可のような)免許制にでもするか?

 そんなコストをかけてまでやることであるのか?

 そういう疑問がふつふつと沸いて出てきます。

● COMMENT FORM ●

Re: 原理主義者で行くなら足を切る盗賊を非難する。

こんにちは。ご紹介ありがとうございました。
タイトルでちと悪ノリしすぎたようで、恐縮です。

Re: 原理主義者で行くなら足を切る盗賊を非難する。

 ひろさん、こんにちは。

 「ああ、自分の立場はそうだよなぁ」と納得しましたので、反ってすっきりしたようです。

Re: 原理主義者で行くなら足を切る盗賊を非難する。

こんにちは。

自分にとっては転載機能は使わない非常ボタンのようなものです。あの薄くて丸い透明な板を押してみたいような変な感じはありますが。

やはり今までに良い効果的な使い方が無い、そしてほとんどの場合にはデメリットが大きいものと認識しています。

そしてたとえ免許制にしても「暴発記事」は発生する(はず)ですし、管理側がライフルを渡してもきっとマシンガンのように乱射する危険性もあると思います。

よって「転載機能」は現状では特化するべき検案なき場合には必要ないと思います。



Re: 原理主義者で行くなら足を切る盗賊を非難する。

 滝川クリスタルさん、こんにちは。

 非常ボタン、ねぇ。たしかに。押すと誘爆・誤爆・自爆のどれかになるような。

 私も以前コメントで「メリットはないのか」と問われて考えてみたんですが、ひとつも思い浮かばなかった。(その点で阿壇さんはさすがです)

 転載機能に関しては性善説は通用しないなぁと思います。

Re: 原理主義者で行くなら足を切る盗賊を非難する。

あはは!どれを押しても「爆」ですね。

氏、曰く「転載には転載をもって被害状況を減少できる」と話していますが、包丁を持った犯人に包丁で対抗しても・・・と思います。

Re: 原理主義者で行くなら足を切る盗賊を非難する。

原理主義者がお気に召さなかったら、ちょっと申し訳ないです。(でも便宜上ここで使わせてもらいます。)

僕は、原理主義者の
>そんなわけはない、と「原理主義者」は考えるのですよ。
というの好きです。
そういう奥を考えた思考がないと始まらないですよね。

やっぱり誰が考えても、転載機能の問題点は明らかなんですよね。結局、その論理をどちらに持っていくかってとこなんですが(抽象的ですいません)

とりあえず、今日はここまで。
またお伺いします。

Re: 原理主義者で行くなら足を切る盗賊を非難する。

転載機能にはもしかしたらメリットもあるのかもしれません。しかしそのメリットを得る為には、あまりに多くのデメリットを許容せねばなりません。
例えばデオドール問題の転載ですが、正直なところ、転載問題について調べていなければ僕はあの記事に出合うことはなかったはずで、そういう薬害問題に関心を示すことはなかったはずです。
しかしその問題に関心を持つと、それに関する他のウェブサイトも読んで知識を深めるのが、転載機能を生かすことにつながるはずなんですが、アレを転載した人の多くは「なんだかよく分からないけど、きっといい事を書いている」から転載したようにしか思えず、あの記事が抱えている問題点について考えた人が転載した人の中に何人いたのか、と思うとぞっとします。・

Re: 原理主義者で行くなら足を切る盗賊を非難する。

RhapsodyEnBleuさん、はじめまして。

 すみません、原理主義者は今結構気に入ってます。書いた当初は確かにちょっとと思ったんですが。実はあれは(さる人への)魔よけをかねた新年の挨拶みたいなもので。

>結局、その論理をどちらに持っていくかってとこなんですが

 確かに何らかの想いは影響しますね。
 最初は外部の人間がとやかく言うのは気が引けていたんですが、大きくブログというくくりで考えたら、やっぱりその場所が好きなんですよね。だから言いたくなる。


えっけんさん、こちらでははじめまして。

 メリットというにはかなり危険を孕んでしまっていますが、そういう面もあるかもしれません。

>あの記事が抱えている問題点について考えた人が転載した人の中に何人いたのか

 やはりほとんどいなかったのではないかと。問題点に気づいた人は敢えて転載しようとは思わない。しかし、その時点で転載をストップさせることは不可能だから、黙って見ているしかない。この点で転載は一方的な面を見せていると思います。

 しかし考えようによっては、簡単に転載した人でも、あとから何かしら気づくケースも多いと思います。自分の行った行為ですから印象に残る。時すでに遅しかも知れないですが。

 ああ、ところで、これあげます。

つ[☆原理主義者☆]

 まとめコメで失礼します。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://straymind.blog66.fc2.com/tb.php/62-16c507e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

straymind

Author:straymind

エントリ

カテゴリ

コメント

全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。