2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

敵味方というのもまたあぶないものであり。

あったくもう。スポンサー記事がうざい。(挨拶)

鍵コメというのは要するに使いようなのだが、私としてはそれを用いる基準を二つ用意している。一つは、相手が信用できること。もう一つは公開されてもかまわない情報であること。安全管理の面から言えば、公開されて困るような情報を信用ならない相手に対して送るのはいただけない。しかし、公開してかまわない情報なら、何も鍵をする必要なはい。なので、鍵コメをつける第一の基準すなわち相手が信用できるかどうかに、殆ど全てを託すしかないわけだ。

だから私は原則として鍵コメ機能を利用しない。WEB上で「信用できる相手」など、そういるものではないからだ。こちらが勝手に「信用してたのに(泣)」というのは、はっきり言って自分が甘すぎたか、お花畑に住んでいるのだから、泣いたところでどうしようもないだろう。そういう人はWEBから立ち去るか、何度も痛い目にあって、自分が荒涼とした場所に居るのだと気づいていただくしかないだろう。

そのなかで、それでも信用できる相手というのを見つけることができたら、それは幸せなことだ。信用できると言うところまでがんばったわけだから。喜ばしい。

それで裏切られたらどうするのかって? まぁ、そこいらへんも乗り越えての「信用」なんだから。がんばりましょう。

ところで、WEBでの敵味方というくくり。これはどうなんだろうねぇ。少なくとも私は、そういうくくりはしない。というか、怖くて出来ない。敵は簡単に想定できるが、味方は難しいからだ。前述の信用問題としてみれば、「敵」にはその担保は必要ないが、「味方」というくくりをしたその時から、その味方を味方として信用せざるを得ない状況が生まれてくる。これはアブナイですよ。

もっとも、打算としての敵味方区分なら、巧妙に立ち回れば得るものも大きいのだから、それで良いというドライな人は大いにそうしていただくとして。

要するに、敵味方という区分は、気をつけないと痛い目を見る。しかし、それでも二項対立で色分けすると楽だから、そういう区分でグループ分けしたがる気持ちも分からないでもない。

無用な痛い目を見たくないのなら、味方は自分一人、と思って行動したほうがいいかもしれない。WEBにおいては、傍観者も対話者も、その個々のミクロな存在としては、本質的に信用ならない存在だと考えた方がいいだろう。

ただし、そのミクロな存在が集合して「WEB世間」となった場合は、その世間は案外正しかったりするから、自暴自棄にはならないようにしたいものだ。世間は案外正しい、と、かの松下幸之助翁もしみじみ語っていたというし。そんな爺くさい話をしなくても、経験的には、まぁそうかなと納得できるところもある。

もうひとつ、大切な私の行動規範としては、過去にもどこかに書いたが、WEBでの言説は基本的にその場に書かれたことのみを基準に考える、というのがある。これはその書き手に対する手持ちの背景知識を動員せずに、書かれたテキストからある意味朴訥とも言えるほど単純に意味を見いだす、ということだ。

この基準の良いところは、書き手に対しての要らぬ文脈や立場などを一旦切り捨てて見ることで、不要な価値判断に引きずられることがない、と言うことだ。

しかし、この手法は相手に対する情報が増えれば増えるほど、難しくなってくる。逆に言えば、テキストとして一期一会に近い関係である限りに置いて、有効なのかも知れないとは思う。

文脈に引きずられること、これとテキスト内容に対するシンパシーが重なると、疑似信用状態が起こるから、好ましくない。いわば、勝手に想い入れて信用してしまう可能性がある。これを回避するためには、幾つかの工夫が要るのだが、基本は、やはり敵味方というくくりに持っていかないことだろう。または、味方を増やすという気持ちを抑えることだろう。

味方は自分一人なのだ。信用できるのは自分だけ。そう腹をくくると、WEBが、湿っぽい場じゃなくなる。湿度が下がり、からっとする。そうじゃないかな。

でもまぁ。そういう態度を取ったって、いろいろなトラブルに見舞われることはある。しかし、それと同じだけ、本当に信用できる相手を見つけるチャンスも増えるってものだ。

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://straymind.blog66.fc2.com/tb.php/84-f063fd50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

straymind

Author:straymind

エントリ

カテゴリ

コメント

全記事表示

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。